Goods
トイレ手洗いキャビネット~間取りと位置と寸法の関係~

トイレ手洗いキャビネット~間取りと位置と寸法の関係~

▶ご相談・お問合せはこちら

最近は掃除もしやすく、スペースもとらないためタンクレストイレが普及しています。

 

タンク付トイレであればタンクに手洗いがついているものもありますが、タンクレストイレには手洗いありませんので、別途で独立した手洗いキャビネットを設置する必要があります。

 

同じトイレ室の寸法であれ、便器の位置、扉の位置により設置できる手洗いキャビネットのサイズは違いますので、手洗いキャビネットを選ぶ際はまずそれらの間取りの確認が必要となります。

 

それぞれの建物によりトイレ室のサイズはまちまちなのですが、大きく分けて間口が半間(壁芯:910)か、それ以上の例えば3/4間(壁芯:1365)に大きく分かれます。(※壁芯:建物の床面積を測定する場合において、上から見た壁の厚みや柱の中心線から、その囲まれた床面積を測定する寸法や考え方のこと)

 

 

 

1:間口が半間(壁芯:910)

一般的な910モデュールで半坪(畳1畳分)をトイレスペースとした場合、内寸は780x1690程度になりますが、扉の位置により設置できる洗面キャビネットのサイズが変わってきます。

 

・便器の正面に入口扉がある場合

 

この間取りの場合、手洗キャビネットを設置できるスペースがあまりなくW400xD180程度の小型の手洗キャビネットを便器に対して右前方が左前方(入り口扉の吊元側)に設置するしかありません。

小型手洗いキャビネットの詳細ページ

 

洗面器下部の収納の有効内寸もW=360 D=140程度ですので必要最低限のトイレットペーパーや掃除用具しか収納する事ができませんので、別途、上部に吊り戸収納等を設置したほうがいいかもしれません。

 

 

同じ間取りであれ、トイレ内寸に対して便器芯(中心)を少しずらす事により左右どちらかにスペースを作り、前方だけでなく側面全面にD=120程度のカウンターや収納を設置する事が可能です。

 

 

奥行は少ないですがカウンター面は広くとれるで、お花や香り雑貨など置くスペースもでき、下部収納の有効奥行は同じD=140程度ですがW方向は多くとれるので収納量は増えます。但し、便器横には開き戸を設置できないので、スライド扉にするかオープンな収納にする必要があります。

 

 

通常建築壁の厚みは130程度ありますので、内部の柱の位置を変えることにより洗面器部分を100程度壁に埋め込むことも可能です。

 

埋め込む事によりトイレ内スペースを広く取れる事になります。

 

 

・便器の側面に入口扉がある場合


短手壁面ぎりぎりに扉がある場合

扉から入って正面に手洗キャビネットを設置する事になりますが 設置できる奥行は180程度が限界です。
コーナー用キャビネットを設置すれば、もう少し大きなサイズ300Φ程度の洗面ボールを設置する事が可能です。

 

 

 

短手壁面から離れた位置に扉がある場合

 

袖壁が300程度の寸法がとれれば、D=300xW=780の手洗キャビネットを設置する事が可能です。W=780と一般的な洗面化粧台のサイズをとれますので幅広のシンクを設置可能ですし下部収納も容量を大きくとれるので吊り戸収納等必要ないかもしれません。

 

 


また、袖壁の寸法が200程度であっても、下部収納量は減りますが、置型洗面器をせり出して設置すれば 使いやすい大きな洗面ボールを設置可能です。この間取りは、動線の邪魔にならない位置に洗面キャビネットを設置できるのでトイレ空間全体としてスッキリとしますし、便座に座った状態で正面の三方壁に囲われた独立したスペースが手洗い空間となりますので手洗キャビネットだけでなく、鏡を設置したり壁面装飾材を拘ったりとデザイン性の高いトイレ空間を作る事ができます。

 

 

2:間口が1/4軒広い 3/4間(壁芯:1365)の場合

扉の位置内寸で1230x1690となり450程度広くなりますので扉の位置に関係なく、最大D=450の手洗キャビネットを設置可能です。

 

 

D=300程度にして便器まわりに余裕を持たすこともできます。またこのサイズであれば、収納量も十分ですので別に便器上部に吊り戸を設置する必要はありません。

 

配置をこのようにする事も可能でトイレ内手洗い器というよりはW800xD500の完全に独立した洗面化粧台を設置する事も可能です。

 

 

 


また、木造戸建て住宅の場合このような間取りにはあまりないのですが、集合住宅の場合PS(パイプスペース)や柱型の関係で鍵型で窪んだスペースができる場合があります。

 

この場合はこのスペースに洗面カウンターを設置するのが最適位置なのですが、W寸法がまちまちなので、規格品の洗面カウンターではぴったりとしたサイズがなく隙間ができ無駄なスペースになったり、埃だまりになったりしてしまいます。

 

建築サイズにぴったりの洗面手洗いをオーダーする事をお勧めします。


このような窪んだスペースであれば上部に収納吊戸を設置しても
圧迫感がなくスッキリとしたトイレ空間ができます。

 

 

3:トイレットペーパーを収納するにはどのくらいの奥行きが必要なのか

 

トイレットペーパーにも色々な種類がありますが一般的に直径114mmと言われています。このことからトイレットペーパーを収納するには内部有効寸法が最低114mm以上必要ということがわかります。そうするとキャビネット自体のサイズはどのくらいになるかというと背板や扉などの厚みを含め、5mmのゆとりをもたせると163mmとなり、最低でもこのくらいのサイズが必要となります。そのほかに掃除道具などの収納も考えているということであればそれらが収納できる分の奥行きが必要となってきます。

 

手洗い器を設置するときに具体的に何を収納したいかを考え内部有効寸法を考えた上でサイズを決めていく必要があります。

 

 

4:どんなトイレ空間にしたいのか?

このように、トイレスペースの面積や扉の位置、便器の位置により設置できる手洗キャビネットの寸法が変わってきますし、それによりトイレ空間のデザインの幅も変わってきます。

 

新築の住宅のプランニングにおいて可能であれば間口を3/4間(壁芯:1365)程度とれれば使いやすい手洗いスペースを確保でき収納量も十分で 広々としたトイレ空間にできます。半間しか取る事ができなくとも、袖壁を300程度の側面扉にすれば(図面2-A-2)の配置にすれば、同じ面積でも使いやすくデザインの幅も広がる洗面キャビネットを設置可能ですのでお勧めです。

 

 

5:トイレの外に設置する手洗い

また、今回はトイレ内に手洗いを設置する場合についてお話しましたが、手洗いをトイレ内ではなく、トイレの外に設置する方法もあります。この場合、トイレ利用時だけではなく、洗面を利用する事ができます。

 

たとえば、朝の洗面所が混み合う時など、セカンド洗面として利用することも可能です。

セカンド洗面とは、浴室横に設置するメインの洗面化粧台とは別に設ける2つ目の洗面の事です。

 

マンションなどで広さが限られる場合とは別に、戸建て住宅など設置スペースを確保できる場合、トイレ横や廊下、玄関横などに設置する事が多くあります。
セカンド洗面を設置するメリットは、家族が多い場合の洗面所の混雑を和らげたり、家事動線がスムーズになる等あります。さらに、来客時にお客様がプライベート空間(お風呂場)に入らずに、水まわりを使える等のメリットもあります。

セカンド洗面についての記事はこちら

 


「決められたトイレ空間、間取りに 設置できる手洗キャビネットを選定する」のではなく「どのようなトイレ空間にしたいのか?どのような手洗キャビネットが欲しいのか?」を考えてトイレの間取りをプランニングする」事が大切だと考えています。

 

 


 

WAILEAはお客様のライフスタイルにあった理想のレストルームをフルオダーにてご提案・製作致します。

是非、一度ショールームへお越しくださいませ。(レストルーム事例ページはこちらから)

 

 


 

関連ブログ

 脱衣所から洗面化粧台を独立して廊下やリビングに設置するメリット

 鏡のデザインでオシャレな洗面所空間に!

 お店の人気はトイレで決まる?!店舗のトイレ空間を考える!

 洗面化粧台を交換・リフォームする際に知っておくべき5つの事

 トイレ・洗面台に置きたい!おしゃれハンドソープで手洗い習慣