簡単に取り入れられる!自宅でリゾート気分を味わえる庭の作り方

2020.11.12

2020.11.12 更新

 

誰もが一度は憧れるホテルのビーチサイドやバスコニースペースや、レストランのオシャレなテラス席。非日常空間を味わうことが出来ますよね。こんな雰囲気を自宅でも再現出来たらとても素敵ですよね。

ご自宅に庭や屋上、ルーフバルコニーなど広いスペースがあるのに、うまく活用できていない…なんて方は多いでしょう。お家の庭やテラスにアイテムを加えて、自宅のお庭をまるでリゾートホテルの様な空間にしてみませんか。自宅に居ながら今までとは違う非日常的な時間を過ごせる空間を作れば、より自宅での過ごす時間も変わってくるでしょう。

 

今日は、自宅でもリゾート気分を味わえるような方法をご紹介いたします。

 

【目次】

1:自宅でホテルの様なリゾート気分を味わう

2:一日の始まりの朝食を楽しむ

3:友人とティータイムを楽しむ

4:読書をしながら自分だけの時間を過ごす

5:休日は家族でBBQを楽しむ

6:夜風を感じながらお酒を愉しむ

7:まとめ

 

 

 

1:自宅でホテルの様なリゾート気分を味わう

リゾートホテルのビーチサイドやレストラン、お部屋のバルコニーで太陽の日差しと心地よい風感じながら外で過ごすひとときは、時間がゆっくりと流れ非日常的な空間ですよね。自然の音を聞きながら体を包み込むようなソファでくつろぎながら本を読んだり、間接照明の柔らかな灯りの元夜風を感じながらお酒を嗜む時間は、至福のひと時でしょう。「こんな場所が家だったら・・・」「ずっとこの場所で過ごしたい・・・」なんて気持ちを、誰しも一度は抱いたことがあるのではないでしょうか?また、ホテル以外にもオープンレストランやカフェなどで食べる食事も、室内で食べる雰囲気とは違ったどこか特別な気分を味わう事が出来ますよね。そんな気分を自宅でも味わいたい・・・そんな気持ちをご自宅のお庭やリビングで再現できたらいいですよね。

 

次に、ホテルやレストランの様なリゾート気分を味わえる様な過ごし方についてご紹介します。

 

2:一日の始まりの朝食を楽しむ

リゾート地の様な場所で食べる朝食は、その日一日をきっと素敵な時間を過ごせそうな始まりですよね。家事や仕事の忙しさや都会の喧騒を忘れて至福のひと時。毎日の朝食も外で食べるだけで、きっといつもより美味しく感じるでしょう。家族で食卓を囲んで楽しむ食事は、会話も弾み、いつもより特別な時間に。お家の庭やテラスであれば、専用のキャンプ用品も不要で沢山の荷物を運ぶ必要もありません。食事中に必要なものがあればすぐに取りに行くことができ、食事後の片付けもすぐに出来る点も自宅ならではの良さでしょう。

 

こんなアイテムがオススメ!

chilewich

ランチョンマットを敷くだけでオシャレなカフェ風な雰囲気を演出することが出来ます。ランチョンマットは色柄が豊富にあるので、料理内容やその日の気分に合わせて様々なコーディネートを楽しむことが出来ます。また、お弁当箱にあえて入れることでピクニック気分を味わう方法も良さそうです。

ランチョンマットはこちら

 

saleen エッグボウル

カフェやホテルで出てくるようなバスケットに入ったパンやサンドウィッチは、普通のお皿ででてくるよりも、オシャレでちょっと特別な気分になりますよね!コロンとしたシルエットが可愛らしいSaleen(ザリーン)のエッグボウルは、天然素材と間違える程の風合いですが、ポリプロピレンと呼ばれる樹脂で出来ています。樹脂なので、水洗いもOK!水でじゃぶじゃぶ丸洗い出来ます◎落としても割れる心配もないので小さいお子様と一緒に楽しむことが出来ます。

バスケットはこちら

 

3:友人とティータイムを楽しむ

友人を招いてテラスカフェでティータイムを楽しむのも素敵ですね。カフェに行かなくても自宅でオシャレなレストランやカフェ気分を味わうことが出来ます。小さいお子さんがいる場合やワンちゃんを連れている場合でも気兼ねなく過ごすことが出来るでしょう。ゆったりとした時間が流れ、いつの間にかこんなに時間が過ぎていた…!なんてこともありそうですね。カフェや喫茶店などのお店とはまた違った時間を楽しめます。

 

こんなアイテムがオススメ!

外でも安心して使うことが出来るようなキッチンアイテムを揃えてみましょう。素材や色に注目して選ぶことをお勧めします。いつものティータイムをより楽しむことが出来そうです。

RIVARET

「竹」で作られたRIVERETのカフェオレマグ。手に取って感じるのは、「表面の滑らかさと想像以上の軽さ」。陶器やガラス製の食器と同様に普段使いとして使用できるように、竹の内部まで浸透させる独自開発の6層コーティングを施しています。(食品衛生法適合塗料)その為、普段使いとして安心して使うことが出来ます。野外でも使えるようなアウトドア用の物は味気なかったりどうしてもチープに見えてしまうことも。RIVERETのアイテムはナチュラル感と高級感を感じさせてくれるので、外の新鮮な空気の中で、いつもと違った時間を過ごせそうです。

 

MARIOLUCA GIUSTI

洗練されたデザインと高精度のモールドによって作り出されるマリオルカのアクリルウェアコレクション。鮮やかな発色に、深い透明感とクリスタルな輝きを持つ、高級感あふれるグラスたちです。ガラスの様な透明感ですが、アクリルで出来ているので割れて破片が飛び散るという心配も無く、ご家庭ではもちろんのこと、ビーチやプールサイド、ピクニック、ガーデンパーティーなど、どこでも気軽にご使用いただけます。カラフルな色合いは楽しいティータイムに華を添えてくれます。

キッチングッズはこちら

 

 

4:読書をしながら自分だけの時間を過ごす

習慣になっている読書の時間も場所を変えるだけでいつもと違う気分に。自宅の中では静かな時間を設けられない方も、誰にも邪魔されない自分だけの特別な空間を作ってみてはいかがでしょうか。室内で読書をするのとは一味違った時間を過ごせそうです。在宅ワークが広まりつつある今、気分をリフレッシュする時間にもピッタリです。

 

こんなアイテムがオススメ!

ゆったりと過ごせるような「ガーデンファニチャー」を用意しましょう。ガーデンファニチャーとは、「庭園用の家具」のこと。もっと簡単に言えば、外で使うことが出来る家具です。家の中にあるソファやテーブルなどの家具との大きな違いは、「耐久性」です。外では雨風やほこり等にさらされることになります。また強い直射日光、紫外線の影響も受けるでしょう。アウトドア家具はそのような外で使用することを想定されて作られている為、汚れが付きにくく雨風にさらされても痛む心配がありません。

 

DAHLIA STOOL

ダリアの花の様な美しいフォルムのスツールはアウトドアでもご使用頂けます。平らなスツールは物を置くにも利便性が良く、安定感もあるのでサイドテーブルとして使用することも出来ます。シンプルで上品なつくりのスツールは植物が多いバルコニーや、コンクリートの無機質な場所など様々な印象のシーンに馴染みます。ちょっとした読み物をするときにもオススメ。背もたれもないので、置く場所を取りません。

 

チェアー(AL-0909/LC)

アウトドアでも室内でも使用可能なラウンジチェアー。スタイリッシュなラインながら、たっぷりとした座り心地が特徴でゆったりと腰掛けることが出来ます。深く腰掛けられるチェアは読書の時間にはぴったり。自分だけの時間を存分に楽しむことが出来ます。スタッキングも可能なので使用しない時は重ねて置け、場所を取らない点も嬉しいところ。女性でも楽々運ぶことが出来る重さです。

家具はこちら

 

 

5:休日は家族でBBQを楽しむ

アウトドアの代名詞でもあるバーベキュー。屋外なので炭火で思い切り楽しむことが出来ます。わざわざキャンプ場に出向かなくでも自宅で楽しむことが出来るのはとても魅力的ですね。近所への煙などの影響が気になる場合は煙が出にくいグリルを選んでみるのもいいかもしれません。タープを張れば見慣れた庭も雰囲気がガラリと早変わり。屋根代わりにもなる為、日よけとしても使えます。カラフルな食器を揃えたりや盛り付け次第で、グッと雰囲気が増しそうです。1週間の出来事を家族で話す、団らんのひと時を過ごせるでしょう。

 

こんなアイテムがオススメ!

大人数でのバーベキューは、食材を準備したり焼いたりお皿に盛りつけたり等、せわしなくなりがちですが、落ち着ける様な「野外ソファーやカート」を用意して、ゆったりと過ごせるような工夫をしてみましょう。

DEDON

家族や友人を招いてのバーベキューには、みんながゆったりと過ごせるようなソファーを用意してみましょう。DEDON(でドン)のプロダクトで最も特徴的なデドンファイバーは、砂嵐や海水、霜でであれ、あらゆる気候条件に対し、耐えられるように作られています。大人数でのバーベキューに置きたいアイテムですね。落ち着いて食事も楽しめるでしょう。屋外用の最高のレベル品質の素材を使用したDEDONのクッションは屋外での快適な心地を味わえるのは勿論のこと、日常に馴染みやすい素材感は屋内での使用にも向いています。

 

BIBIサービングカート

大人数でのバーベキューには、サービングカートを用意してみてはいかがでしょうか。ボトルポケットもあるので、お酒を用意するときにも大活躍です。一度に多くの食器や食材を運ぶことができ、まるでホテルやオシャレな場所での野外バーベキューに。持っていく手間も省け、片付けの際もスムーズに運ぶことが出来ます。チーク材で出来たサービングカートは、温かみのある雰囲気に。運ぶ際もスタイリッシュに使う事が出来ます。

 

 

6:夜風を感じながらお酒を愉しむ

昼間の太陽の下で過ごす時間もおすすめですが、夜空を眺めながら大人だけの時間を過ごす楽しみ方も。心地よい夜風を感じながらお酒を飲む時間は格別ですよね。リゾート気分を味わえる様なリラックスできる空間は、一日を振り返りる時間を過ごしたいときや、夫婦のコミニケションタイムにもオススメです。自宅のお庭やバルコニーであれば、時間を気にせず自分たちのペースで楽しめ、眠くなった時にすぐに家に入って眠りにつけるところも良いですね。

 

こんなアイテムがオススメ!

夜のひと時をよりリゾート気分を味わいたいなら「照明やキャンドル」で演出しましょう。壁面や地面に埋め込む方法もあれば、持ち運び可能な間接照明を必要に応じて使う方法もあります。ディナーや晩酌時にコードレスタイプの間接照明を置くだけでグッと雰囲気が増し、非日常的な空間を演出することが出来るでしょう。

 

Bottled

野外で使用する際に気になるのが雨ですが、防水対応の照明を選べば突然の雨にも安心して使うことが出来ます。まるでワインボトルの様なシルエットのBottled(ボトルド)の光源のLEDモジュールはIPX6相当の防水機能搭載(「IPX6」とは、゛あらゆる方向からの強い噴流水による影響を受けない"保護の程度を示しています。)しているので、気兼ねなく野外でムードある雰囲気を演出してくれます。

 

Xtal

こちらはロックグラスの様な形の間接照明のXtal(クリスタル)。ガラス内部には、緻密な光の反射があらゆる方向に繰り返されます。
テーブルや床に広がる放射状の光が、華やかな印象に。ロックグラスの様にずっしり重みの感じる重厚感と、クリスタルガラスの上質感とゴージャスな輝きがエレガントで贅沢な時間に。テーブルに広がる放射状の光がグッとムードある雰囲気のある空間を演出してくれます。こちらも防水機能があるので天気が良くない日でも安心です。

照明・ライトはこちら

 

照明ではなくても、外で過ごす際にキャンドルを焚くのもオススメです。キャンドルのゆらゆら揺れる炎には一定のリズムがあり、これを「1/fゆらぎ」と言われています。この1/fゆらぎは、心臓の鼓動や川のせせらぎ、風の音などの自然界で見られるリズムと同じリズムなので、炎を見ると心地よく感じてリラックス作用があると言われています。家に居ながら自然界のリズムを感じることは難しいですが、キャンドルを灯すことでゆらぎを簡単に作り出せるため、いつでもどこでも、このリラックス作用を得ることが出来ます。揺れる炎を見ながらの晩酌タイムはいつもよりリラックスした気分で楽しめそうです。

キャンドル一覧はこちら

 

 

7:まとめ

いかがでしたでしょうか。リゾートホテルのビーチサイドやレストラン、お部屋のバルコニーで過ごすよなひと時を、一工夫することで自宅でも再現することが出来ます。どんな風に庭や屋上、バスコニーで過ごしたいのか、家族構成やライフスタイルによっても必要なアイテムは違ってくるでしょう。

あなたに合ったアイテムを揃えてリゾート気分を自宅でも味わってみてくださいね。きっと今までとは違った特別なお家時間を楽しめそうです。

 

 

 


関連ブログ

 賃貸でも手軽にできる!ベランピングを楽しむアイディア6

 特徴と効果で選ぶ!7つの香りの種類

 おしゃれな部屋には観葉植物を!上手く取り入れる5つのポイント

 癒し効果から消臭効果も!ヒノキの香りを部屋で楽しむ4つの方法

 新しいバスルームのカタチ