花を飾ると得られる「5つの効果&部屋別オススメの花の色」

2020.04.12

2020.4.12更新

様々な花が咲く季節になりましたね。

温かい季節は外に出かける機会も自然と増え、お花屋さんの色鮮やかな花々に目が奪われて
つい足を止める方もいらっしゃるでしょう。

1輪でもお花や植物などを取り入れるだけで部屋の雰囲気が変わります。
また、花には様々な心理的効果があります。

そんな「花」を、今年の春はあなたのお部屋に加えてみませんか?

実は、野で摘んだようなお花を、空き瓶に差すだけでも十分。
お部屋に飾った花は、毎日にちょっとした幸せを届けてくれます。

今日は、花をお部屋に飾ると得られる嬉しい効果をご紹介します!

 

【目次】

1:花を飾るとこんな効果が!

2:インテリアとして飾りたい!花をどう選ぶ?

3:場所別オススメの花の色

 

 

1:花を飾るとこんな効果が!

 

雰囲気が明るくなる

色も鮮やかな花をインテリアに取り入れることで、部屋の雰囲気がパッと明るくなります。
何だか味気ない寂しい空間が、家具やインテリアを変えなくても華やいだ空間へと変化します。

花束や、大きな花を選ばないといけないのでは?そう思う方もいるかもしれませんが、
花が一輪あるだけで全体の印象ががらりと変わるもの。

おしゃれなインテリアショップや雑誌で見かけるインテリアコーディネートには、
必ずと言っていいほど花が取り入れられていますよね。

殺風景な部屋もちょっと窓辺に花を飾るだけで、おしゃれな雰囲気のお部屋に。

お部屋の雰囲気で選んだり、その時々の季節の花を取り入れたり、花の色や大きさを変えるだけで
また違った雰囲気を楽しむことができるのも、花を取り入れる楽しさの一つです。

花を飾る事でインテリアはそのままでもお部屋の雰囲気を様々変えることが出来るのです。

 

部屋が綺麗になる

部屋に花を飾ると雰囲気が明るくなるだけではなく、部屋が綺麗になると言われています。

「それにふさわしい部屋にしたい!」「せっかく飾っているのだからそれに合うように整えよう!」という気持ちが無意識に働く様です。

まず、花瓶を置くスペースが必要になるので、場所を確保するために整えたり、花瓶が倒れないように周りをスッキリさせたくなりますよね。

「お花をどんな風に飾ろう?」「ここにこんなお花は合うかな?」なんて飾った時のお部屋をイメージすれば、
ワクワクした気持ちで整理整頓や掃除が出来そうですね。

花のある場所は目につきますし、生花であれば日々の水替えのたびに軽く掃除をするという習慣も自然と身につくでしょう。

部屋を片付ける気が中々起きない…という方は、花を買ってお部屋を綺麗にするモチベーションを上げるきっかけにするのも良いかもしれませんね!

 

女性としての意識が高まる

綺麗な花を買って飾っておくと部屋が華やかになるだけでなく、
花を飾るという女性らしい行動をすることで、より女性らしくあろうと思えるようになります。

女性としての意識が高まることがポイントです。

部屋に花を飾るという行為だけではなく、花を手に持って家に帰るあなたを想像してみてください。
何だかいつもより女性らしい姿が想像できませんか?

また、生花であれば、日々のお手入れが必要になってきます。
美しい状態を長く楽しむためには、水を取り替えたり茎をカットしたりお世話が必要になります。
その為には、花への愛情が不可欠であり、自然と愛情を育んでいくことができると言われています。

女性としての意識が高まるだけでなく愛情深さも芽生えそうですね。

 

フラワーセラピー効果

「フラワーセラピー」という言葉を聞いたことがありますか?
様々な花を用いて心を癒す方法です。

色や形、香りの異なる様々な花を使い分けストレスや悩み等を解消することを目的とします。

花は視覚や嗅覚、触覚などの五感を刺激し、人の脳を活性化させる働きがあります。
これは、大学の研究でも証明されており、「フラワーセラピスト」という資格まであるほど。
介護や医療の現場でも取り入れられることもあるようです。

花を観賞したり匂いを嗅いだりすることで、脳にα波(ゆったりとリラックスするほど多く出る脳波)が大きくなります。
美しい花を見ると、何だか心が安らいだり、気持ちが穏やかな気持ちになれるのはこれが理由です。

その為、家の常に目に触れる場所にお花を飾っておくことで、体のだるさや、やる気が出ない、不安で落ち込む、といった気分をリフレッシュさせてくれる効果をもたらします。

リラックス効果でストレス緩和や気持ちを前向きにさせてくれます。

 

話し相手になる

花はあなたが話した言葉に対してもちろん何も言えませんが、部屋であなたを待ってくれています。

花も生き物です。
あなたのその日あった出来事や、愚痴や悩みも黙って聞いてくれます。

勿論あなたの呼びかけに答えてはくれませんが、心にため込んでいることを、言葉にして発する事で実はストレス発散にもなります。
特に一人暮らしの方など話し相手がいない場合はよさそうですね。

また、花は「綺麗だね!」「今日も元気でいてね!」などと声をかけてあげると、
何も声をかけなかった花と比較して綺麗に咲くというという話もあるくらいです。

花も生き物だということを感じますね。
是非、毎日部屋の花に話しかけてみましょう。

 

2:インテリアとして飾りたい!花をどう選ぶ?

花と一言で言っても種類は様々。

季節によって旬の種類を楽しむことができる生花が一般的ではありますが、
インテリアとして取り入れたいのであれば、様々な選択肢があります。

ご自身のライフスタイルやどんな風に飾りたいかによっても変わってくるので、自分に合ったものを選んでみてくださいね!

 

生花

花屋で購入したり、道端の花を摘んだり、生花は手に入りやすいのもいいところ。

生花だからこその色の艶感や香りを楽しむことが出来るのが大きな魅力です。
花瓶に生けるだけでなく、鉢植えで育てたり等、様々な方法があります。
1年を通して様々な種類の花が売られており、色や形、飾り方によって部屋の印象を変えることができます。

 

ドライフラワー

生花を乾燥させたもの。

最初からドライフラワーになった状態の物を購入することもできますし、貰った花を自分でドライフラワーにして長く楽しむこともできます。
種類によって向き不向きがあるので自分でドライフラワーを作る際は事前に調べておくといいかもしれませんね。

 

プリザーブドフラワー

生花の水分を抜き取り代わりに人体に無害な有機物を染みこませる特殊加工が施されたもの。

本物の植物が最も美しい状態で保たれ、みずみずしい外観を持続することが出来るところがプリザーブド素材の大きな魅力です。
自然の繊細さやみずみずしさや色合いを楽しむことができメンテナンスが一切不要なので、日当たりが悪いでも安心して飾ることが出来ます。

 

造花

上記2種類とは異なり、人工的に花の形を作り上げたものです。

最近では本物さながらのハイクオリティの物も増えています。
造花であれば季節問わず自分好みの花を選ぶことができます。そして何より水を替えたりする手間や枯れる心配もありません。

 

3:場所別 オススメの花の色

花は色によっても様々な効果があると言われています。
その効果によって、飾る花や置く場所を選んでみるのはいかがでしょうか?

 

洗面所

赤い花

エネルギーやパワーを与えてくれる色。行動心・意欲・気力を引き起こします。
パワーをもらえる色なので、やる気が出ない時や気持ちが消極的な時にオススメです。
誰もが朝に必ず使う、洗面所に置いておけば一日の活力を得られますよ!
特に低血圧の方には効果的です。

 

寝室

紫の花

気持ちを落ち着かせくれる色。心身共に癒す色と言われています。
情熱の赤と鎮静の青の両方を兼ね備えているので、気持ちのバランスを整えてくれます。
一日の疲れを癒してくれたり安眠効果も期待が出来るので、寝室がオススメです。

 

玄関

白色の花

玄関はお家の顔と言われています。爽やかな白色は気分をリフレッシュさせてくれます。
朝通勤・通学前に見れば、一日頑張れそうですよね!

 

オフィスのテーブル

黄色やオレンジの花

健康的で陽気な明るい色は勇気と決断力を与えてくれます。新しいことにチャレンジしたい時に最適です!
コミュニケーション能力を高めてくれるとも言われているので、オフィスの目につく場所に置きたいですね。

 

花はこんなにも様々な効果を私たちに与えてくれるのです。

 

花を選び、瓶に飾り、毎日お水を替える…
そんな小さな余裕が、日々の暮らしを少し特別なものにしてくれますよ☆

 

是非、あなたも花のある生活を始めてみませんか?

 

 


 

関連ブログ

 水不要なのに枯れない!プリザーブドの植物で癒しの空間を

 おしゃれな部屋には観葉植物を!上手く取り入れる5つのポイント

 賃貸でも手軽にできる!ベランピングを楽しむアイディア6

 洗面所をおしゃれな空間に!簡単に出来るディスプレイ5つのポイント

 スッキリ綺麗に!洗面化粧台収納あれこれ