Goods
キッチンカウンター(ワークトップ)の高さを決める時に知っておきたい事

キッチンカウンター(ワークトップ)の高さを決める時に知っておきたい事

▶ご相談・お問合せはこちら

野菜を切ったり、炒め物をしたり、洗い物をしたり、日常生活で毎日使うであろうキッチン。使う人にとって高すぎると腕が疲れ肩こりの原因に、低すぎると腰痛の原因になったりします。現状のキッチンにそんな使いにくさを感じておられる方が、新築やリフォーム・リノベーションでキッチンを新しくする際に「キッチンの高さはいくつにすればいいの?」と悩んでおられる方も多いのではないでしょうか?

 

ここではキッチンカウンター(ワークトップ面)高さを決める上で知っておいて欲しい事、ヒントになる事をお話したいと思います。

 

 

【目次】

1:「キッチン(ワークトップ)の高さ=身長÷2+5」は間違い?

2:シンク、作業スペース、コンロそれぞれのワークトップ高さについて

3:キッチンのワークトップ高さに合わせる方法

4:まとめ

 

 

1:「キッチン(ワークトップ)の高さ=身長÷2+5」は間違い?

一般に多くの国内キッチンメーカーにおいて、「キッチンの高さは身長÷2+5センチ」とと言われる事が多いです。つまり「使う人の身長により最適なキッチンの高さがある」という考え方です。

 

昭和初期までは基本的にキッチンの高さは80センチがほとんどでした。それは日本人女性の平均身長が約150センチでしたので、150÷2+5=80センチという訳です。時代は進み平均身長も約157センチになり現在の主流は85センチになりました。背の高い女性や男性など向けに90センチや95センチもあり、JIS規格(日本工業規格)においてもキッチンのワークトップの高さは80・85・90・95センチと定められております。

 

ですので、メーカー規格品のキッチンは基準の85センチ一択のキッチンもありますが、80・85・90・95と5センチ刻みで選定できるキッチンも用意しております。また、少し値段はあがりますが1センチ刻みで選定できる商品もありまし、弊社のようにオーダー製作する場合は㎜単位で高さ選定できますし場所(ワークトップ回り、コンロ回り)によって高さを変える事もできます。

 

対して海外ではどうかと言えば、「キッチンの高さは肘の高さ-10センチ」と言われております。野菜を切ったり調理する際は肘から手を使う事になりますが、それらの動作の起点は「肘」なので「使う人の肘高さにより最適なキッチンの高さがある」という考え方です。

平均体形寸法から計算すると、肘高さは【身長の半分+15センチ程度】なので結局同じ事になるので、日本国内では、通常肘高さなど把握していないので目安として身長から計算する方法をとったという事でしょうか。

【平均体系寸法から肘の高さ】

身長(㎝) 肘高さ(㎝)
155 92.5
160 95
165 97.5
170 100

 

ただし、これはあくまでも平均体形寸法から言える事であって、当然腕の長さは人によって違い身長が同じだからと言って肘の高さが同じではありません。ですから、キッチンの作業のし易さから高さを選定する際は、「身長÷2+5センチ」ではなく、「肘高さ-10センチ」で計算したほうがいいのではないかと思います。

【最適高さ 肘高さ-10センチ】

身長(㎝)  肘高さ(㎝) キッチンカウンター高さ(㎝)
155 92.5 82.5
160 95 85
165 97.5 87.5
170 100 90

 

 

 

2:シンク、作業スペース、コンロそれぞれのワークトップ高さについて

キッチンでは、野菜を切ったり(作業スペース)、炒め物をしたり(コンロ)、洗い物をしたり(シンク)の作業を行います。それぞれの作業スペースについて最適な高さについて見ていきましょう。

 

・作業スペースの最適高さは?

作業スペースは野菜を切ったり、お皿に料理を盛りつけしたりする場です。

 

先ほど言いました作業し易い、具体的に言えば包丁で食材を切り易い・力が入り易い高さは「肘高さ-10センチ」なのですが、マナ板を使うと作業面が2センチから3センチあがります。ですのでマナ板面高さを最適高さにすると、キッチンカウンターの高さは「肘高さ-13センチ」が最適という事になります。お皿に料理を盛りつけの場合もお皿にも多少の高さがあるので同じ事が言えます。

【最適高さ 肘高さ-13センチ】

身長(㎝)  肘高さ(㎝) キッチンカウンター高さ(㎝)
155 92.5 79.5
160 95 82
165 97.5 84.5
170 100 87

 

 

・コンロスペースの最適高さは?

コンロスペースはフライパンやお鍋を使う場ですが、「肘高さ-10センチ」が最適な高さとは、肘下10センチですとフライパンが振りやすい高さという事なのですが、注意が必要です。IHかガスコンロなのかによりフライパンが置かれる高さが違うという事です。IHですとカウンター面から3〜5ミリ程度だけ上になりますが、ガスコンロですと五徳(ごとく)があるので、3センチほど上のフライパンが置かれる事になります。(最近ではキッチンカウンター高さと五徳高さが合うように、ゴトクの高さだけ下げたビルトインコンロもメーカーから出てきています)この場合の最適なキッチンカウンター高さは「肘高さ-13センチ」が最適という事になります。

 

 

但し、これもあくまで一般的な調理機器(フライパン等)の寸法における目安であって、例えば、大きな高さのある中華鍋だと作業し易い(持ち易い)高さであっても、フライパンの中を上から見にくいので見やすい様に少し低めに置く方が見やすい場合もあります。(この場合コンロ設置スペースのカウンターを頼り少し低くするという方法があります)

また、フライパンの柄の形状によっても使いやすいフライパンの高さ(結果、キッチンカウンターの高さ)も違いますし、フライパンを「順手で持つのか、逆手で持つのかにより変わってきます。

 

 

 

・シンクスペースの最適高さは?

野菜などの食材や食器類を洗うスペースですが、ここはカウンター高さよりシンク底の高さを確認するべきです。食器類を洗う際シンクの中にそれらを入れて洗ので、立った自然な姿勢でシンクの底に手がつく程度であれば、それほど腰を屈めずに食器洗い作業が出来て楽というわけです。

 

人によって肘から手までの長さは違ってくるのですが、一般的にシンク深さは18〜20センチ程度ですので、肘下10センチをキッチンカウンター面とするとほぼ最適なキッチン底高さになります。

 

【最適高さ 肘高さ-10センチ】

身長(㎝)  肘高さ(㎝) キッチンカウンター高さ(㎝)
155 92.5 82.5
160 95 85
165 97.5 87.5
170 100 90

 

沢山の食器をシンク内に入れたい、外からシンクないの食後のお皿など見えにくいようにしたい場合などシンクの深さを大きくすればいいのですが、その場合シンク底高さも下がりますので、少し屈んで作業しないといけなくなるかもしれません。解決方法として、シンクの淵(シンク上面)を上げるという方法がありますが、既製のシンクではないのでオーダーで作成する必要があります。

 

 

上記のようにキッチンの高さを決める際、3カ所の作業場所ありシンクやコンロなどの機器により違ってくるので、それらに応じて適切な高さが必要になってきますが、多くはカウンター高さを統一するので、すべての作業場所で最適にはなりにくいです。多くは作業スペースの高さをメインに考えて決定される方が多いですが、実施にキッチンの前に立って作業してみて、シンクスペース、作業スペース、コンロスペースについて高さ実感しどれを優先させるかを決めるのが理想です。

 

また、キッチンをオーダー製作されるのであれば、デザイン的な問題もありますが、それぞれの高さを変える事もできます。

 

 

 

3:キッチンのワークトップ高さに合わせる方法

キッチンカウンターの高さを統一した場合において、シンクスペース、作業スペース、コンロスペースすべてが使いやすい最適な高さになる事は希である事をお話しました。また、キッチンを使用するのは家族で自分一人だけではありません。背の高い方と低い方の家族も多くいらっしゃると思います。メインでキッチンを使用方の最適な高さでキッチンを作るとして、違う背の高さの方にとっても使いやすくする方法についてお話します。

 

・最適な高さより背の低い人向け

キッチンの高さに最適な身長より低い方は、腕を上に上げて作業しなければならなく肩が凝りやすくなります。その場合は背を少しでも高くすればいいので、キッチン作業時には厚底のスリッパを履いたり、床に高さのあるフロアーマットを引く等の対処方があります。

  

 

 

・最適な高さより背の高い人向け

逆にキッチンの高さに最適な身長より高い方は、腰を曲げて作業しなければならなく腰痛の原因になったりします。そのような場合は、作業面を上げてあげればいいので、厚みのあるまな板や、大きなまな板を作業面に敷いてさらに上にまな板を重ねて使ったり、お鍋やフライパンが柄が上に上がっている物を使用すれば多少は軽減されます。

 

 

 

 

4:まとめ

以上、キッチンカウンターの高さを決める上で知っておいて欲しい事、確認して欲しい事をお伝えしました。大事なのは、「使いやすい」と感じる使用感なので、上記でお伝えした事を参考に専門家と相談しながら細かく決めてゆくのが大事です。

 

オーダーキッチンの場合、全体のデザイン、素材、機器の選定の自由度を求められますが、1センチや1ミリの細かい寸法で「使いやすい」と感じるキッチンを製作できるのも大きなメリットです。規格品のキッチンよりコストは高くなるのですが、長年毎日つかう物ですので新築やリフォーム・リノベーションでキッチンを新しくする際はオーダーキッチンも候補に入れて見るのもいいかもしれません。

 

 

 

オススメキッチンアイテム

momentum factory カップ

ZACK フルーツバスケット

chilewich ランチョンマット Color Tempo


 

WAILEAはお客様のライフスタイルにあった理想のキッチンをフルオダーにてご提案・製作致します。

是非、一度ショールームへお越しくださいませ。(オーダーキッチン事例ページはこちらから)

 

 


 

 

関連ブログ

 オーダーキッチン ~キッチンの構成部材について~

 キッチン水栓の選び方~自分にあった水栓を選ぶ~

 キッチンのレイアウト~キッチンの種類と配置について

 キッチンのカウンターはどう選ぶ?種類と選ぶと選び方のポイント

 キッチンシンクはどう選ぶ?種類と選ぶ方のポイント