洗面化粧台の水栓の選び方。毎日使うからこそ、こだわりを!

21st, August, 2019

顔を洗ったり、歯を磨いたり、身支度や掃除を行ったり1日を通して、家族みんなが毎日使用する洗面化粧台。
仕様や、カウンター、収納なども使い勝手を大きく作用しますが、「水栓」もとても大切なアイテムのひとつです。

今回は、そんな洗面化粧台の「水栓」に注目してご紹介いたします!
是非、参考にしてみてくださいね。

 

【目次】

1:水栓とは?

2:水栓の種類

3:設置場所の違い

4:水栓のハンドルレバー

5:取り付け穴

6:洗面ボウルの置き方に合った高さ

7:ポップアップの有無

8:水栓の寿命は?

9:家族構成やライフスタイルに合わせて

 

 

.水栓とは?

「水栓」とは給水設備で開閉操作を行うものの総称をさします。
より馴染みやすい言い方で「蛇口」と呼ばれることが多いでしょう。

ハンドルやレバーを回して開閉や水量を調節することが出来ます。
水栓とひとことで言っても、キッチン用、洗面化粧台用、バスルーム用など使う場所や用途によって様々な種類があり、
更にメーカーや仕様によって機能性やデザインも大きく変わってきます。

 

 

2.水栓の種類

 

単水栓

水栓の中でも1番シンプルなのがこの単水栓。水もしくはお湯のどちらかしか出ないのが特徴です。
水(お湯)の吐水・止水の出し止めの機能だけをもつタイプの水栓です。

機能が少ない分、デザインもスッキリとしたシンプルなものが多いです。
普段使いの洗面化粧台ではなく、トイレ手洗いやセカンド洗面等の温度調節が必要ない場所にオススメです。

 

混合水栓

1つの蛇口から水とお湯の両方を出すことが出来る水栓が混合水栓です。
一般的な洗面化粧台はこの混合水詮を取り付けていることほとんどです。

顔を洗ったり身支度をしたり掃除等を頻繁に行う洗面化粧台であれば、混合水詮を取り付けることをオススメします。

 

 

3.設置場所の違い

水栓を取り付ける場所によって配管を通す場所が変わりますし、
カウンターや洗面器の広さや奥行が必要になってくることもあるので、注意が必要です。

印象や掃除の手間等も変わってくるので見た目のデザインだけでなく、
ライフスタイルや使い方をイメージしながら選んでみましょう。

 

カウンター設置タイプ

洗面器や洗面カウンターに水栓を取り付けるタイプ。
一般的な多くの水栓はこちらのタイプです。

壁出しタイプに比べてデザインや種類も豊富にあるので、お気に入りのデザインを見つけることが出来そうです。

 

壁だしタイプ

洗面器やカウンター上部の壁面に穴をあけ水栓本体を埋め込むタイプ。
洗面やカウンターに取り付けるタイプと異なり、カウンターをすっきりさせることができたり、水栓金具に水が溜まらないのでカウンターを清潔に保つことが出来ます。ただし壁内部に配管するため、工事費がかさむこともあります。

 

 

4.水栓のハンドルレバー

水栓はハンドルの種類によって更に種類が分かれてきます。

使い勝手やデザインも大きく違ってくるので、何を重要視したいのか(使い勝手、デザイン、お手入れ等)、
どんな洗面化粧台にしたいのかを考えながら選んでみてくださいね。

 

シングルレバー

ハンドルレバーが1つついているタイプ。そのレバーひとつで吐水・止水、温度調節まで出来る混合栓のタイプです。
メーカーやデザインによっては異なりますが、一般的に上下で吐水と止水、左右で温度調節が出来る仕組みになっています。

シングルレバータイプの1番のメリットは片手でも調節や操作が簡単なこと。
水とお湯、別々の温度調節も必要もないので、小さなお子様からご年配の方まで簡単に使用することが出来ます。

 

ツーハンドル

ハンドルレバーが2つついているタイプ。吐水口の両サイドに付いている水とお湯のハンドルの吐水量によって、
温度を調節する事が出来ます。
浴室やキッチン、洗面化粧台など様々な場面で昔から使われています。
現在はデザインに特徴があるものが増えており、クラシックな洗面器やモダンな洗面器にもよく映えます。

 

ツーホールシングルレバー

水栓本体とハンドルレバー分かれており、カウンターもしくは壁に2つの穴をあけて設置されているタイプ。
コンビネーションタイプ、セパレートタイプとも呼ばれることがあります。
吐水と髪の毛を洗うことが出来るようなシャワーが切り替えられるようになっている仕様が多いです。
ホースを引き出して使用することができるので、洗面ボウルの掃除にも役立ちます。

 

自動水栓(タッチレス水栓)

ハンドルレバーが付いておらず、センサーで水の出し・止を行います。
公共施設などの洗面台でよく見るタイプですね。

手をかざすだけなので、汚れた手でもハンドルを汚すことがありません。
また、手を洗っているときや歯磨きをしているときついつい水を出しっぱなしになりがちですが、
自動水栓であればす手を離すと止まるので自然に節水が出来ます。

 

 

5.取り付け穴

例えば、シングルレバー混合栓でも水栓によって取り付ける穴の数が違うことがあります。

その為、現状の水栓から取り換えたい場合、水栓金具の取付状況に応じて取り付けるタイプを選ぶ必要があります。
取付タイプが異なる場合は、穴を開けたり閉じたりする必要があるので、大掛かりな工事になることも。
まずは今の取付状況を確認する必要があります。

 

ワンホール

洗面カウンターや洗面器に、水栓の取付穴が1つ空いているタイプです。
単水栓やほとんどのシングルレバータイプの水栓はワンホールで取り付けられています。

 

ツーホール

洗面カウンターや洗面器に、水栓の取付穴が2つの穴が空いているタイプです。
カウンター設置のものであれば、引出しのホースが付いてある物が多いです。
水とお湯のハンドルが別の場合や、水栓本体とハンドルが別になっている場合に2つの穴をあける必要があります。

 

スリーホール

洗面カウンターや洗面器に、水栓の取付穴が3つの穴が空いているタイプです。
吐水口部分、水のハンドル、お湯のハンドルの計3か所に穴を開けて設置します。
日本のメーカーにはそれほど種類が多くなく、輸入品に多いタイプでもあります。

 

 

6.洗面ボウルの置き方に合った高さ

カウンター設置タイプの水栓の場合、洗面ボウルを洗面カウンターに埋め込むのか、それとも置き型タイプにするのかによって水栓の高さを考えることをオススメします。
吐水口が低すぎると手を入れる隙間がせまくなり手が洗いにくく、逆に高すぎると水が飛び散りやすくなります。

洗面ボウルとの高さのバランスも考えておくことが大切です。

 

置き型タイプの洗面ボウルを選ぶ場合は、洗面器の高さがあるので必然的にカウンターの高さが下がります。
そのため高めの水栓を、

 

埋め込みタイプの洗面ボウルを選ぶ場合は低めの水栓を選んでみましょう。

同じデザインでも高さが異なる種類が出ていることもあるので、
水栓と同時にどんな洗面ボウルにするのかも考える必要があります。

 

 

.ポップアップの有無

髪の毛を洗いたい時やお掃除をする際に、洗面器に水を溜めることもあるでしょう。
その時に便利なのがこのポップアップ棒です。

水栓裏に棒付いている水栓を見たことはありませんか?これがポップアップ式水栓です。

この棒を押すと排水栓が開き水を流すことができ、棒を引くと排水栓を閉じることが出来る仕組みになっています。
水を溜めるために直接排水栓に触れる必要がないので衛生的なのが魅力です。
同じ水栓でもポップアップ有り・無しがあるので、それも併せて確認してみるのがいいですね。

たとえ水栓についていない場合でも、洗面カウンターにポップアップ棒を別で取り付けることも出来ので、
排水栓を閉めたいからと言って必ずしもポップアップ式水栓を選ぶ必要はありません。

 

 

8.水栓の寿命は?

一般的に水栓の交換は不具合が生じた時や修復が不可能の場合が多いですが、
約10年程が交換の目途になってきます。(使う頻度や使い方によって変わってきます)

使用年数や場合によってはトラブルがある箇所のみを修復するよりも、
水栓自体を取り換えた方が経済的にも安く済む場合もあります。

 

 

9.家族構成やライフスタイルに合わせて

洗面化粧台は毎日頻繁に使用する場所。

顔を洗う時に水栓が邪魔になったり、掃除をよくするのに水が溜めづらかったり、小さいお子さんが水を出しづらかったり、
ちょっとしたことでも毎日積み重なればストレスにもなりかねません。

操作のしやすさ、お掃除のしやすさ、省エネなどを優先的に考慮したいものです。

洗面化粧台は水栓以外にも洗面ボウル、洗面カウンターをはじめ、鏡やタオルハンガー、収納などを組み合わせたものなので、
水栓単体だけではなくその他のアイテムの色やデザイン、化粧台全体の雰囲気、
そしてどんな洗面化粧台にしたいかを考えながら選ぶことが大切です。

 

クラシカルなデザインからモダンなデザイン、一般的に多いシルバー色だけでなくブラックなど
様々なデザインや色の水栓があります。

各メーカーのショールームに訪れて見て触ってみることで、
サイズ感や使い勝手など実際に取り付けたときのイメージを膨らませてみるのがいいでしょう。
また、バスルームと繋がっていることが多いですので、バスルームも含めて水まわりをコーディネートするのも素敵ですね。

 

普段あまり意識をしない「水栓」ですが、実はこんなにも様々な種類があります。
新築や、リフォーム、故障の際は、是非「水栓」にも注目して選んでみてくださいね!

 

 


 

           

営業時間:10時~19時

TEL:03-3400-8108

メールでのお問い合わせはこちらから

 

忙しい毎日の中でも心と身体も解きほぐされる時間。

水回りの空間は私たちにそんな癒しの時間をもたらします。

WAILEAでは、そんな時間をより豊かにしてくれる小物や香りや灯り、アウトドアや水周りでも使用頂ける家具等こだわりの商品を取り揃えております。

 


 

 

関連ブログ

 

 清潔感漂う水まわりに。観葉植物で洗面所に彩りを!!

 一工夫で毎日の生活が快適に!洗面所の簡単収納アイディア☆

 セカンド洗面のススメ~洗面所以外に洗面を増設するメリット~

 トイレに手洗い石鹸を!狭い場所でも置けるアイディアも教えます!

 スッキリ綺麗に!洗面化粧台収納あれこれ