梅雨はすぐそこ!部屋干しで生乾き&匂わせない 5つのポイント

1st, June, 2018

6月といえば、「梅雨」の時期ですね。

梅雨は天気がいい日も少なく、室内に洗濯物を干すことも増える時期。

そこで気になるのが、部屋干しの匂いや生乾きによる雑菌の繁殖・・・ですよね。

9028da03aa074b3fbdd79deff5f926c1_s

梅雨本番になる前に、部屋干しで生乾きやいや~な匂いにしない為のポイントをご紹介致します!

 

①洗濯物は風通しのいい場所に!

洗濯する前の服、皆さん洗濯機の中に直接ポンッといれていないですか?

汗や垢が付いてる洋服を湿気たっぷりの洗濯機の中に入れてしまうと雑菌が繁殖しやすくなり、嫌な臭いになってしまうのです。

洗濯前の服は、ランドリーボックスなどの風通しの良い場所に置いておきましょう!

ザリーン②

 

②洗剤の量は適量を守って!

しっかり汚れを落としたいからといって洗剤の量を増やした方がいいと思いがちですが、

実は洗濯物の量に合わせて洗剤を入れることもポイント!

多すぎると服や洗濯槽に洗剤が残り、汚れも洗剤も衣服に残り、香りの原因になってしまいます。

 

③洗濯を干すときの順番にもポイントが!

洗濯物と洗濯物の間に風が通るようにできるだけ隙間(10~15㎝)をあけ、

洗濯物の長さや厚さも交互に干すと洗濯物の乾きが早くなります。

洗濯物同士が触れ合わないようにしましょう!

e20a0d6b5d93bf6d8458bad82b802e0b_s

 

④洗濯物を干す場所も選んで!

1番べストな場所は実はお風呂。お風呂は湿気が多い場所なので、その分湿気が取れやすい設計になっています。

また、手軽に干しやすい場所といえば、カーテンレール。

しかしカーテンレールには、汚れがついていたりカーテン側が半乾きになりやすいのでやめましょう。

 

⑤アイテムを使う!

プラスでアイテムを使用すると、より快適に過ごせますよ☆

扇風機やエアコンで風を循環させると、湿気がその場に留まることを防ぐことが出来ます。

また、除菌・消臭ができるフレグランスランプも梅雨の時期にはとってもおすすめです!

ashブランド説明画像ash-method001-(1)

 

梅雨でもさわやかな洗い上がりで、気持ちよくすごしましょう☆