インテリアのお話し~利休好みの信楽焼『利楽』洗面ボウル

20th, January, 2016

こんにちは、WAILEAです!

 

皆さま、『信楽焼』と聞くとどんなイメージをお持ちですか。

 

信楽焼は古来より壷や鉢などの日用生活雑貨に用いられてきました。
その素朴さに“人の手の届かない無作為の美”が見いだされ、
16世紀より茶の湯に多く用いられるようになりました。
そしてその豊かな味わいは『詫び・寂び』を体現するものとして
千利休ら茶人の心を捉えてきました。

 

本日は、この茶道具である焼き物を伝統工芸士が手洗鉢の形に仕上げた
『利楽~RIRAKU』のお話しです。

160120001

 

WAILEAで取り扱っております『利楽』洗面ボウルは
職人さんによって一つ一つ手作りされております。

160120002

 

WAILEAでは、アートの様に壁掛け展示をしておりますが、
その存在感から老若男女のお客様が足を止めて見てくださいます。

160120012

 

また、以前こちらのコラムで水栓・洗面ボウル納入実例としてご紹介させて頂きました
山梨のホテル&スパでも、この『利楽』を貸切風呂の脱衣場でご採用頂いております。

160120013

160120006

 

和風なインテリアにはもちろん、
モダンなインテリアにもとってもオシャレに馴染むんです。

160120014

160120003

160120015

160120004

 

さらに、信楽焼でも白と黒のモダンなシリーズもあります。

160120008

 

160120009

160120010

160120016

 

このように、伝統技術を生活の中に取り入れると、
不思議と日々の生活が丁寧になる様な気がしますね。
実際に触れて頂くとよりその良さを実感して頂けると思います。

 

WAILEAにて常時展示しておりますので、
ぜひお気軽にお越し下さいませ。
皆さまのご来店を心よりお待ちいたしております。

 

以前のインテリアブログはこちらから↓

・雑誌掲載のお知らせ~商店建築
・水栓納入実例~ホテル編2
・オリジナル商品のご紹介~キッチン編
・水が運ぶ幸せな時間~キッチン編
・水栓・洗面ボウル納入実例~ホテル編
理想の洗面化粧台とは~後編
理想の洗面化粧台とは~前編
『用』と『美』を兼ね備えた照明
足元から考えるインテリア
水栓から考えるインテリア
お部屋の衣替えをしよう!秋編
ディスプレイを楽しもう!!ナチュラル小物編
ディスプレイを楽しもう!!タオル編
やっぱり家が好き!洗面化粧室編
やっぱり家が好き!キッチン編
ファッション感覚で着替えよう! 水栓編
自然を感じるアイテム 照明器具編
New洗面台一挙ご紹介!! ショップリニューアル編
水まわりOK!!な家具 ショップリニューアル編
リビングに洗面化粧台!? ショップリニューアル編
ツインボウルといいう選択 洗面化粧台編
縁の下の力持ち!! トイレ手洗器編
アイディア次第でこんなに広々!! 洗面室間取り編
水まわりが快適だと毎日が気持ちいい 洗面化粧台編

メールでのお問い合わせはこちらから

 

 

 

 

 

LINEで送る